社員ブログ

Pocket


1dayインターンスタート! ~インターンを通して感じたこと~

こんにちは。本日、アクロクエスト本社にて「1日働きがいインターン」に参加した奥田です。

「働きがい」という聞きなれないワード。

実はこのワードこそ、学生・社会人ともに答えに悩む「働くとはどういうことか?」と

いう問いへのカギとなることを、このインターンを通して少しだけ実感しました。

 

インターンでは、マスターと呼ばれる社員1人について頂き、

朝8時より社員と同じ業務を行います。

私が任されたのは営業広報部門。

実際に社外の記者などに発送する「組織いきいき実践勉強会」の

プレスリリース文章を作成しました。

 

会社について詳しくない私が勉強会の説明を文章にするのは大変難しく、

当初のスケジュールを大幅に遅らせてしまいました。

仕事が出来ず焦っていたら、隣の席のマスターから

「詰まったら1人で悩まず、社員にすぐ聞いていくことが最速で完成させる方法だよ!」

とアドバイスをもらい、遠慮せず、積極的にマスターに相談し、

何とか書き進めていくことができました。

DSC07295

さて、

「組織いきいき実践勉強会」が行われている背景ですが、アクロクエストは

GPTWによる「働きがいのある会社」ランキング(従業員25~99名部門)において、

2年連続全国第1位に選ばれているのです。

 

私がプレスリリースを作成したこの勉強会は

「情熱と愛情を持って社員に向き合うことの大切さと難しさ」を、

「会社を良くしたい」と考える経営者の方々と一緒に悩み、話していく場なのですね。

DSC07231

そう思って、社内を見渡すと、いろんなことに気づきます。

社員が会話しやすいよう丸い机が設置され、社員の作業がはかどるよう、

座り心地の良い椅子が用意されています。

他にも、社内の掃除は自分たちで担当していたり、仕事とメリハリをつける

15時からのコーヒーブレイクがあったり、ほめられた社員とほめた社員の

どちらも強化されていく「ほめキンコン制度」があったりします。

企業にとって「人」が最も重要と考える副社長のアイディアが随所に感じられました。

 

働くことについて、学生は給与面などを重要視しがちですが、

私はこのインターンを通して、どのように生きていきたいかという

側面から考えようと思いました。