社員ブログ

Pocket


デキる学生に欠けていたもの。

こんにちは、4年目品質保証エンジニアの若井です。

今日はある採用イベントに参加してきました。
学生がグループワークしている様子を企業が見て、
学生の強みや弱みをフィードバックする、というものです。

学生にとっては、自分の特性がわかる良いイベントだったと思います。
そこで、面白いことがありました。

 

イベントが始まり、
いよいよグループワークを開始すると、ずば抜けてデキる学生が
目に留まりました。

 

論理、戦略立て、立てた戦略の発信 etc…
誰が見ても話しても、「デキる」と思う学生です。

 

ただ、

見ていて違和感があるんですね。

 

この人自身はデキるんだろうけど、
「仕事」ができるようになるまでは、何かのきっかけが必要かな、と。

 

そう、その学生は個人プレーだったのです。

 

周りの学生に指示は出しています。
ただ、チームワークってそういうことではない、と思うのです。

 

わたしは彼にその本音のコメントを書きました。

会の最後にそのコメントを受け取った彼は、
うちの会社のブースに話を聞きに来ましたが、

そのときの彼の素直さが、また良いし、おもしろい学生でした。

 

いつか彼が、彼自身のためでない、
別の何かのためにそのコメントを使い、
価値を発揮してくれたら、最高です。

そのときに、一歩進んだチームワークに気付くのかな、と思っています。

 

さて、Acroquestはカリスマではなく、
チームワークで動く会社です。

Acroquestのチームワークを体感したい方は、
ぜひ乾杯からスタートする会社説明会 Acro Interface Night
お越しくださいね!

p6270522_%e3%81%bc%e3%81%8b%e3%81%97%e6%9c%89-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc