社員ブログ

Pocket


大人の武者修行:”すべての行動に意味がある”企業力を感じた3週間

大人の武者修行』なる社会人インターンをご存知であろうか?

まったく異なる業種の優良企業に短期間入り込み、その企業の『優れた仕組み』や『経営意識』を体験。
そこで得た体験を自社に持ち帰りイノベーションの起爆剤に!!

というのが謳い文句である。

銀座にある文房具店から新横浜にあるIT企業での『武者修行』を開始してから17日目となり、明日がいよいよ修行の最終日。
この企業で行われている多くの数奇な取り組みにもすっかり慣れてきたところだ。

・朝、出勤すると毎日行われている徹底した掃除活動と英語での号令。。。

・ランチの時間なのになぜか議事録を取る社員。。。

・朝、昼、夕のフォトセッション。。。

・TRFの曲とともに体操を始める社員たち。。。

・突然鳴り響く鐘の音。。。 などなど

すべての取り組みにはそれぞれ素晴らしい意味があり、徹底された一つ一つの取り組みが大きな強みであり、なにより社員の一体感がこの企業の原動力であることは間違いない。

そして、ここの人たちは『無駄』が嫌いなのだ。
無駄がなくなればどんな手段でも使う。
IT企業には似合わない手書きのスケジュール管理ノートもその一つ。
3色ボールペンで書き込まれるスケジュールチェックは時間の『無駄』を洗い出す。
デジタルな世界にいるからこそ、アナログの必要性を一番分かっているのかもしれない。

さて、修行で得たことをこれからいかに自社で発揮するのか、ここ数日、自問自答の日々。

自社に戻り、IT用語でなく文房具に囲まれた世界でもまだまだ修行は続く。

『免許皆伝』はまだまだ先になりそうだ・・・

今回の修行で得た『縁』を大切にしていきたい。