このページで解決しない高度なJavaのシステム障害はJaTSにお任せください

4. Javaプログラムが止まってしまいます

  1. ObjectStreamを用いて、ファイルのReadWriteを行う際に、Write時に、1オブジェクト毎に同一ファイルのオープン・クローズを行うと、Readする際に2オブジェクト目以降が読込めません。
  2. Windows98において、Runtime.exec()により起動したjavawプロセスがコンソール出力を行っていた場合、一定量の文字を出力後にプログラムの動作が停止してしまいます。(javaの場合は停止しない)
  3. サウンドを連続して再生しているとアプリケーションが操作不能になりました。
  4. プログラムが何も出力しないで止まってしまいます。
  5. JNIを使用しているプログラムでVMがcoreダンプしてしまいます。
  6. JavaからJNIを使用して呼び出した関数でvfork()を呼び出している場合、プロセスが停止することがあります。
  7. CのシグナルハンドラからJavaメソッドを呼ぶとVMがcoreダンプしてしまいます。
  8. リモートデバッグ中にLinux上の対象JavaVMが固まってしまいます。デバッグ対象VMがWindows上で動作している場合には起こりません。
  9. Java2Dを使用したアプリケーションで、HotSpotエラーが発生してしまいます。
  10. Stringのmatches()メソッドを呼び出すとハング(hang)してしまったようで、反応が返ってこなくなってしまいました。
  11. System.getPropertyが再帰的に呼び出され、StackOverFlowになります。
  12. 特定のLinux上でプログラムを動かしているとHotSpot Virtual Machine Errorが発生します。
  13. メモリを大量確保しないアプリケーションでOutOfMemoryErrorが発生します。
  14. getStackTrace()を頻繁に実行するとOutOfMemoryErrorが発生します。
  15. RMI通信でSSLの設定を行ったところ、Memoryが大量に消費され、アプリケーションが停止します。

8. Swing/AWTコンポーネントがうまく動きません

  1. フルスクリーン画面を表示する方法が分かりません。
  2. Windows98上で、JDialogを閉じる時に一般保護違反例外が発生してしまいます。
  3. 一部機種(またはグラフィックスチップ?詳細は未調査)において、Swingコンポーネントの再描画が正しく行われません。
  4. JTextFiledでIME2000を使用して文字を入力中にF5キーを押すとコンソールに大量のトレースが出力されてしまいます。
  5. 画面を(比較的速いスピードで)閉じたり開いたりしていると、その画面に設定されていたフォーカスが消えてしまいます。
  6. JFrameをsetEnabled(false)で使用不可にしても、その中に含まれるコンポーネントは使用できてしまいます。
  7. JButtonのフォーカスが外れていても、Enterキーを押すと、そのボタンが押されたような動きをしてしまいます。
  8. JTextField(JPasswordField)で、スクロールが開始される文字数の文字を入力すると、カーソル(キャレット)が残ったままスクロールされてしまいます。
  9. JMenuBarの要素が空の画面で、F10キーを押下すると、ArrayIndexOutOfBoundsExceptionが発生してしまいます。
  10. ポップアップメニュー(カスケードメニュー)を表示させてから一度選択すると、次回選択時にNullPointerExceptionを出力し、正常に動作しません。
  11. モーダレスダイアログを表示すると、親画面が操作不能になってしまう場合があります。
  12. モーダルダイアログを表示すると、一部の画面だけでなく、表示中の全画面が操作不能になってしまいます。
  13. Solarisにて、WindowsスタイルのLook&Feelが正しく設定できません。
  14. JTreeのToolTipText表示処理にて、NullPointerExceptionが発生します。
  15. JTextFieldで入力フィールド長を超える文字入力を行うと、既存文字が上書きされてしまいます。
  16. JTextAreaにフォーカスがある状態で、TABキーによるコンポーネント間のフォーカス遷移ができません。
  17. JFrameのsetBackground()で背景色を設定しても、フレームの背景色が変更されません。
  18. JLabelのsetBackground()を利用して背景色を設定しても、ラベルの背景色が変更されません。
  19. Swingでsleep時間を設定しても、sleepされずに描画されます。

14. その他の問題

  1. java.lang.Stringなど、Java標準APIで用意されているクラスへパッチを適用したい時に、元の環境を壊すことなく実現する方法はありませんか。
  2. JavaをインストールしたがJavaのバージョンが変わりません。
  3. VMのcoreをdbxで確認したいがdbxでELFイメージでないと言われ確認できません。
  4. PrintJobを使用して画面印刷を試みると、うまく印刷できない(サイズが調整できない)ことがあります。
  5. RMIサーバオブジェクトがクライアントからのリクエスト処理中に、OutOfMemoryErrorを引き起こしてもサーバプロセスがEXITしません。
  6. WebLogicでrmiを動かす際にWebLogicのクラスが無いと表示されます。
  7. サーブレットを再起動せずにクラスファイルを変更する(自動ロード機能を使用する)と、JSPファイルにエラーメッセージが出力されてしまいます。
  8. 同PCで複数枚数のブラウザを開いてセッション管理を行う場合に、IE(5.0)を用いて2枚ブラウザを開き、1枚目操作→2枚目操作→1枚目でボタンによるPOST操作を行い、出力するHTMLファイルでJavaScriptのhistory.back()を使用すると、1枚目ブラウザの内容が2枚目ブラウザの内容と同じになってしまいます。
  9. JavaScriptのsetTimeout()を使用して、一定間隔でsubmit()してdoGet()やdoPost()を呼んでも、ブラウザ表示内容が更新されません(InternetExplorer 5.0にて発生) 。
  10. start コマンドを使用して複数の Java プログラムを起動するバッチファイルを作成しましたが、コマンドプロンプトウィンドウが複数開いてしまいます。コマンドプロンプトウィンドウを開かずに起動する方法はありますか?
  11. propertiesファイルに2バイト文字のプロパティを記述するとjava.util.Properties.load()が失敗してしまいます。
  12. XMLファイルをパースする際に、エラーが発生してしまいます。
  13. IDLファイルのコメントに日本語を使用すると、idljの出力ファイルに不正なコードが出力されてしまいます。
  14. VM HotSpotエラーメッセージのErrorIDの読み方が分かりません。
  15. Strutsの正規表現による入力チェックにて、「&」が使えません。
  16. JSPを表示させると、ブラウザの表示が途中で途切れることがあります。
  17. 長期稼動しているJavaプロセスでjstatが動かなくなります。
  18. -XX:+PrintClassHistogramを指定しても、ヒストグラムが表示されません。
  19. jstack, jmapコマンドで情報が取得できません。
  20. オブジェクトの重複チェックに時間がかかってしまいます。
このページで解決しない高度なJavaのシステム障害は、弊社のJavaシステム障害解決サービスにご連絡下さい。
アンケートフォーム

このページに掲載されていた情報は役にたちましたか?

  • とても役に立った
  • 役に立った
  • あまり役にたたなかった
  • 役にたたなかった
ご意見、ご感想

注意:本文書の内容に誤りがあり、またこの文書によって不利益を被っても、
Acroquest Technology 株式会社は一切関知いたしません。

  • 現象別Index
  • 原因別Index

Find Bugsバグ詳細

Find Bugs Bug Descriptions日本語版

RSSで更新情報を取得する

RSSとは、ホームページの更新情報を配信する為のフォーマットです。
RSSを利用すると、登録したページの情報が更新された場合に、更新情報を自動的に受け取る事ができます。

詳細

弊社小森が執筆致しました

Javaでオブジェクト指向開発

Javaプログラミング言語習得において、新人プログラマーの最初の障害は「オブジェクト指向の壁」です。
本書は、Javaのソフトウェア開発を中心に事業を発展させてきたAcroquest社の新人教育セミナーを加筆・書籍化したもので、大卒の新人に対して、ゼロからJava言語を教えてきた実績をフィードバックしています。

メールマガジン配信中

Javaトラブルシューティングのメルマガをはじめました!是非ご購読ください

詳細