• Webワークショップ
 

 HOME > WEBワークショップ > 初心者のためのJava講座 > 第2回 Javaプログラムの基本構成を理解しよう!

【第2回】Javaプログラムの基本構成を理解しよう!

さて、第1回の講義はどうだったでしょう?
実行するまで辿り着けました?
プログラムは理解できました?

では、この第2回では前回の「Hello World」プログラムを利用して、
まずは実行させるまでの流れを理解していきましょう。
まずは第1回でも用いたHelloWorld.javaの登場です。

ファイル名:HelloWorld.java

public class HelloWorld
{
    public static void main(String[] args)
    {
        System.out.println("Hello Java World !");
    }
}

さて、それでは、さっそく上記のHelloWorldプログラムがどのような意味だったのか、
上から順に理解していきましょう。

1.まずはクラスの名前付け

public class HelloWorld

ここは、作るプログラムのクラス名を決めています。
Javaでは、プログラムの一つ一つを「クラス」と呼びます。
この行では、2行目と7行目の中括弧でくくられた部分を
「HelloWorldクラス」と決めているのです。

2.Javaプログラムは"main"から始まる

次の行は『おまじない』のように覚えてしまいましょう。

public static void main(String[] args)

プログラムは、必ずこのmain文から始まります。
第1回のプログラムの実行時に"java HelloWorld"と入力して実行したと思いますが、
"java (クラス名)"と入力することで、javaはそのクラスのmain文の中身を実行するのです。

"String[]"は文字列のデータ型をあらわし、argsで「複数の文字列」を意味します。
このmainの中ではargsは使われていませんので、説明は後日としましょう。

3.文字列の表示を行う

最後に、実際の表示を行っている行ですが、 

System.out.println("Hello Java World !");

このように記述することで、""で囲まれた部分が、画面に表示されます。

"System"および、"System.out"はJavaで用意されている、クラスライブラリのひとつで、
つまり、自分で作らなくても用意されている部品です。

その中の"println"という処理を用いて文字列"Hello Java World !"を表示しています。
ちなみに"println"を"print"に置き換えると、画面に表示した後、改行を行いません。



ここまでをまとめると

ファイル名:クラス名.java

public class クラス名
{
    public static void main(String[] args)
    {
        // 処理部分
        //   :
        //   :
    }
}

となります。

さて、今回の内容はここまでです。
以降、Javaプログラムを作っていく時に、ここで学んだ基本は必須項目です。
よく理解しておいてください。

→ 次へ(第3回:プログラムをいろいろいじって理解を深めよう!)

アンケート

読者の皆さん、Java講座はお役に立っていますか?
今後の改良の為、以下のアンケートに是非お答えください。

※個人情報の取り扱いについてはAcroquestでの個人情報保護に関する基本方針をご覧下さい。

年代 

職業  Java歴  
1)このページの内容についてどう思いますか?
  • とても分かりやすい説明
  • 説明がピンと来なかった
  • 聞きたい事が書いてあった
  • 分かりにくい
    (よろしければご意見をお寄せください)

2)Java講座で、今後どのような内容を取り上げてもらいたいですか?(複数回答可)
  • Javaの詳しい文法
  • オブジェクト指向の基礎
  • ゲームプログラミング
  • 学習の為のお勧め書籍
    (→当社の技術書紹介をご参照ください)

3)ご感想を是非お寄せ下さい。

尚、ご記入いただいた『質問内容』を、匿名にてホームページ上に掲載させて頂くことがありますのでご了承ください。

◇記入欄

氏名 
メールアドレス 
会社名/大学名 
部署/学部/学科 
学年 
ご住所 
電話番号