社員ブログ

テーマ:

中堅のエースが読む本は夏目漱石

Pocket


中堅エンジニアのNは、技術もできるし、プロジェクト
マネジメントもできる。採用にも関わっている。

Nの部下の中にはNの先輩社員もいる。

Acroquestを引っ張っていく社員の一人である。

今日、Nと話していて驚いたのが、
Nが夏目漱石の『吾輩は猫である』を読んでいる
というのである。

Nは、何事につけても実践的な人で、小説を読むなんて
時間の無駄、と思っているというのが私の勝手な印象
だった。

Nは、「ビジネス書ばかり読んでいて、なんかな…と思いました」
と話していた。

Nは何か自分自身の中に偏りを感じたらしい。

上から目線のようで申し訳ないが、Nは人間の幅を
身に付けようとしているのかと、私は感じた。

人生はビジネスだけではない。そのことをわかっている人が
人生で成功できるのではないだろうか?

ちなみに私は、持っている本のほとんどが小説である。
Nの話を聞いて逆にもっとビジネスに関係する勉強を
しなければいけないと、決意を新たにした(^^;