プレスリリース

アプリ活用で「ミャンマー消費者の動き」をリアルタイム分析・可視化成功ビッグデータでミャンマー事業展開をトータルサポート

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

ミャンマーにてソフトウェア開発事業を展開するアクロクエストテクノロジー株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:新免流)は、2015年4月27日より当社「ミャンマー消費者の動向」ビッグデータ分析ツールを用いたミャンマー事業展開支援サービス「ミャンマーマーケティングサービス」を提供開始致しますのでお知らせします。

20150427

当社の「ミャンマーマーケティングサービス」をご利用して頂くことで、

  1. 現地での出店計画やインフラ整備計画等に必要な「時間帯、場所による人の流れ(流動性人口)」
  2. マーケティング戦略策定のための「消費者動向調査アンケートサービス」
  3. 携帯電話通信事業者の通信品質改善活動に必要不可欠な「エリアごとの通信品質情報」

を活用して頂き、リアルタイムな「消費者の動き」を掌握することができ迅速で高精度な現地での事業戦略、マーケティング戦略策定、意思決定が可能となります。

なお、ビッグデータ収集ツールとしてミャンマー向けのスマートフォンアプリを開発し、現地スマートフォン利用者7000人以上の協力を得て、アプリを利用してヤンゴンにおける流動性人口や携帯電話網の通信品質情報を収集・解析しております。
「ミャンマーマーケティングサービス」
URL:http://www.myanmarmarketingservice.com

【サービス提供背景と既存サービスの問題点について】

今日、幅広い業界の国内企業・外資系企業が経済成長著しいミャンマーに進出しています。
当社も2011年5月よりソフトウェア開発事業を展開するミャンマー支社(アクロクエストミャンマーテクノロジー株式会社)を設立しましたが、以来、数多くの企業が時々刻々と発展するヤンゴンの「消費者の動き」を掴むことができず、市場ニーズに即した効果的なマーケティング戦略を打てず、事業撤退した例を見てきました。

  1. 流動性人口調査
    先行調査はデータが古く、最近の急激なヤンゴン市・ダウンタウン
    再開発や経済立地の変化に対応できていない状況でした。
  2. アンケート調査
    先行調査は対面ヒアリング・テレアポが大半であり、継続的な実施が難しく、計画から結果取得までに時間がかかる問題がありました。
    また、オンライン調査としてFACEBOOKグループの活用例がありましたが、継続的な調査インセンティブが不足し、確立した手法にはなっていませんでした。
  3. 通信品質状況調査
    先行調査では、ユーザに協力を得て不定期に通信速度・品質調査を行っており、精密でリアルタイムな携帯電話通信事業者の通信品質改善エリア情報収集は実現できていませんでした。

【本サービスの利用メリットについて】

既存の調査に対して、当社のサービスでは、7000人以上のユーザの協力を得て、通信端末からリアルタイムに人の動き、嗜好アンケート、通信品質等の情報の収集、ビッグデータ分析・可視化に成功しました。
現地マーケティング戦略立案、意思決定の際に有用な情報を提供可能です。

本サービスを活用して頂くと以下のメリットが御座います。

    1. ヤンゴン市内の繁華度が視覚的に分かるため、進出立地の検討に有利です。
    2. 同一サンプルを対象に複数のマーケティング調査が可能なため、多面的かつ高精度な知見を得られます。
    3. 流動性人口、通信品質状況調査はリアルタイムで取得可能、アンケート調査は質問項目決定次第即座に実施され、レスポンスも速いためスピーディな意思決定が可能です。
<本件に関するお問い合わせ>
アクロクエストテクノロジー株式会社 広報担当/白井智子(しろいさとこ)
TEL:045-476-3171
TEL(営業・広報 直通):045-330-9400
FAX:045-476-4171
E-MAIL(営業・広報 直通): acrosales@acroquest.co.jp