プレスリリース

「ENdoSnipe APM/UXM/BVM 7.0」リリース

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

~Elasticsearchを活用し、システム状況/ユーザ満足度の可視化・分析機能を強化~

[PDF]

123
システムコンサルティング事業を展開するアクロクエストテクノロジー株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:新免流)は、10月31日付で「ENdoSnipe APM/UXM/BVM 7.0」をリリースしましたのでお知らせします。

 

「ENdoSnipe APM」は、当社の成功率100%Javaシステム障害トラブルシュートサービス「JaTS」のノウハウをパッケージ化したJava用アプリケーション性能管理(APM:Application Performance Management)ソフトウェアです。

「ENdoSnipe UXM」は、アプリケーションのユーザ満足度をダッシュボードで可視化するUXM(UXM:User eXperience Management)ソフトウェアです。

「ENdoSnipe BVM」は、KPI/KRIを可視化し、現状と予測を踏まえて企業ビジョン/戦略の実現に向けた改善を行うBVM(BVM:Business Value Management)のための分析基盤ソフトウェアです。

 

今回、当社がOEM契約を締結しているElastic社提供の全文検索エンジン「Elasticsearch」の全文検索、時系列機能等を活用し、より高度な統計処理、分析、診断を高速に行う事が可能となりました。

本バージョンの主な新機能、及び、追加機能は以下の通りです。

 

■「ENdoSnipe APM」

  1. システムマップ機能を強化
    • アプリケーションサーバ、DBサーバの依存関係を図示可能に
    • 負荷状況や障害状況も確認可能に
  2.  アプリケーション/プロセスの状況可視化機能を強化
    • 処理時間、異常診断機能による指摘件数や例外発生件数をランキング表示で確認
  3. 処理フローのビジュアル機能を追加
    • 処理の呼び出し回数や処理の重さが直感的に理解可能に
4

システムマップにより、システムの構成を図示します。
表示のために特別な設定をすることなく、障害発生個所も即座に把握可能です。

 

■「ENdoSnipe UXM」

  1. ボトルネック分析機能の追加
    • 画面アクセス分析により、自動で画面遷移を表示し、ボトルネックを一目で特定可能に
    • 特定した画面において、どのイベントが問題となっているか特定可能に
  2. リクエスト分析機能の追加
    • クライアント、サーバ、ネットワークサイドそれぞれのレスポンスを自動で抽出し、一度の処理で問題が特定できます
10

ユーザがよく使う画面や遷移が自動的に図示されます。
ユーザ満足度や業務効率を向上させる上で、どこから改善すべきか容易に判断できるようになります。

 

7

ランキング表示機能により、改善の優先度が明確になります。

 

8

ボトルネックの個所が、積み上げグラフの上下により、グラフィカルに表示されます。

 

■「ENdoSnipe BVM」

  1. 相関関係の可視化機能の追加
    • あらゆる情報を一気通貫で相関関係を特定します。
9

各相関関係を図示します。
結ぶ線の太さにより、正の相関、負の相関の強さがわかります。

 

上記の新機能により、以下が可能となります。

  1. 業務システムに適用することで、スタッフの生産性が低下している業務上のボトルネックを検出し、原因を調べる事が可能になります。
  2. BtoCシステムに適用することで、ユーザの離脱ポイントと対処方針を調べる事が可能になります。
  3. 経営情報KPIやシステムKPIの相関関係を図示することで、経営の改善ポイントを調べることが可能になります。

 

【これからの展望】
APM、UXM、BVMのさらなる機能の増強を目指します。また、組織における経営情報やシステムの可視化だけでなく、ビジネスの可視化も強化することで、新規ビジネスの提案や参入に活かせるソリューションとしていきます。

 

【アクロクエストについて】

「テクノロジストチームとして、ビジネスの革新的価値創出に挑戦する」をビジョンとするソフトウェア企業です。以下の事業を展開しております。

  1. IoTプラットフォーム「Torrentio
  2. 解決率100%トラブルシューティングサービス「Java Troubleshooting Service
  3. 事業担当者とIT部門のコミュニケーションを可能とし、ビジネス改善を促進する「ビジネスバリューダッシュボード構築サービス」
  4. アプリケーションパフォーマンス管理(APM)オープンソースソフトウェア「ENdoSnipe

2012年にはミャンマーに支社を開設し、現地1万人の協力を得て構築したDMPをもとに「ミャンマーマーケティングサービス」や現地技術教育機関への教育支援活動を行っております。

また、「社員の幸せを追求する」経営方針とその成果が評価され、2015年以降、次のような賞をいただきました。

20160425-003

  • Great Place to Work(R) Institute Japan実施
    「2015年版働きがいのある会社」ランキング第1位
  • Great Place to Work(R) Institute Japan実施
    「2016年版働きがいのある会社」ランキング第1位
  • Great Place to Work(R) Institute実施
    「アジア地域における働きがいのある会社」ランキング24位
  • 人を大切にする経営学会(代表:法政大学坂本光司教授)主催
    第5回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞審査委員会特別賞
【アクロクエストテクノロジー会社概要】
会社名:アクロクエストテクノロジー株式会社
代表者:代表取締役 新免流
所在地:〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-2 友泉新横浜ビル 5階 [MAP]
事業内容:パッケージ開発・販売事業、コンサルティング事業、システム開発事業、ミャンマーマーケティングサービス、職場改善コンサルティング
URL:https://www.acroquest.co.jp/
<本件に関するお問い合わせ>
アクロクエストテクノロジー株式会社 広報担当/白井智子(しろいさとこ)
TEL:045-476-3171
TEL(営業・広報 直通):045-330-9400
FAX:045-476-4171
E-MAIL(営業・広報 直通): acrosales@acroquest.co.jp