技術情報

横浜ITクラスター交流会・第24回「今知っておくべきIoT時代の無線通信技術」に、当社シニアテクニカルアーキテクトが登壇

Pocket

~IoT時代の無線通信技術の事例、苦労・工夫した点などを御紹介~

 アクロクエストテクノロジー株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:新免流)は、当社のシニアテクニカルアーキテクト・鈴木貴典が、2019年1月24日(木)に開催された横浜ITクラスター交流会(第24回)に登壇し、IoT時代の無線通信技術の実例等について講演させていただいたことをお伝えします。

 

◆概要
 2019年1月24日(木)午後4時より、横浜情報文化センターで 横浜ITクラスター交流会 *の第24回交流会が開催されました。近年、ビジネスの現場でIoT(Internet of Things)の利用が進み、ますます注目を集める中、基盤となる無線通信技術も発展を遂げていることから、テーマとして選ばれたのは「今知っておくべきIoT時代の無線通信技術」でした。

 今回、この交流会において、当社シニアテクニカルアーキテクトの鈴木貴典は「特性を考慮したIoTの通信パターンとデータ分析処理」と題して、さまざまな事例等をご紹介させていただきました。アプリケーション側の視点から、エッジ処理やクラウド連携などを含めて、どのような通信パターンが考えられるのか、それによってどのようなデータ分析が可能かといったことなどを、製造業やビル設備、ロボットなど、各種現場で当社のIoTソリューション活用時のデータ送信における事例を踏まえて、苦労・工夫した点を壇上よりお伝えしました。

 交流会に参加しているのは、横浜市内のIT企業に勤める技術者・コンサルタントや、研究者、製造業の現場の方々。当日、会場には40人ほどお集まりいただきました。講演中は熱心にメモを取る姿も見られ、第二部の意見交換・交流会では、頻繁に質問が寄せられるなど、熱気あふれる交流会となりました。

 

 当社は、今後もITやIoTに関する技術イベントに積極的に参加することなどを通じて、さまざまな情報をオープンに発信し、外部の技術者、研究者との交流を通じて社会に貢献していこうとしています。ご意見、ご要望等ございましたら、ぜひ、お気軽にお寄せください。

 

◆参加者からいただいた“声”

「製造の現場において、そもそも通信手段を整えることやクラウド活用に苦戦することに共感した」
「せっかくの横浜企業なので、うまく連携し、ソリューションを生み出したい」

 

※ 「横浜ITクラスター交流会」とは?

 横浜ITクラスター交流会は、横浜経済の発展を目的に、2013年2月12日、民間有志が横浜市経済局、(公財)横浜企業経営支援財団と連携して設立した任意団体です。年4回の交流会の企画、運営は民間有志が主体となって行っています。ベンチャー企業、中小企業の技術、経営に関する助言や大手企業、大学とのマッチングなどをサポートし、ビジネスチャンスを拡大するための活動をしています。

 

◆第24回交流会「今知っておくべきIoT時代の無線通信技術」
http://www.shin-yokohama.jp/event.html

<本件に関するお問い合わせ>
アクロクエストテクノロジー株式会社 広報担当/白井智子(しろいさとこ)
TEL:045-476-3171
TEL(営業・広報 直通):045-330-9400
FAX:045-476-4171
E-MAIL(営業・広報 直通): acrosales@acroquest.co.jp